スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメデ灯台

何とか入手できたピンバッジ。

ニューカレドニアの国鳥「カグー」が描かれているものや、
伝統的家屋の「カーズ」が描かれているもの、
ハイビスカスの花が描かれたもの、
先住民族カナックの民芸品の仮面の絵が描かれたものなど、
全部で8種類あったわけだが、
すべてこのように丸い形にイラストが封入された
古典的な七宝焼きタイプのものだったので、
購入したのは3種類のみ。
というわけで、今回でニューカレドニア編も最後。

nc-3

アメデ灯台 Le Phare Amedee

ニューカレドニアの首都ヌメアから
南へ22km離れたところに浮かぶ無人島「アメデ島」。
その島にある高さ56mの白亜の灯台。
バリア・リーフに囲まれたニューカレドニア周辺は、
航海の難所でもあるので、1865年にアメデ島に灯台が設置された。
この灯台には観光客も登ることができて、
360度の青い海とラグーンが見渡せる。

・・・・・らしい。

アメデ灯台へのツアーは15000円ぐらいなので、
行こうと思えば行けるのだが、1日つぶれてしまうので
日程の都合で行ってないのです。
灯台マニアとしては、次回ぜひ行ってみたい場所なのです。
そういう希望も含めて、このピンバッジを買ってきました。

ちなみに、ピンバッジは英語で「ピンバッジ」と言うと通じません。
「ピンズ」と言います。
結局、他の土産店では発見できず、唯一にして8種類もあった
ひとつの店だけに置いてありました。
土産ものとしてメジャーではないのかな。

買った時に店員さんに「ベツベツ?」と聞かれ、
一瞬「?」となりましたが、どうやら「個別に包装するか?」と
聞いていたらしい。
そもそも、包装すること自体、欧米では珍しいはずだが、
やはり日本人観光客が多いからか、個包装を頼む人が多いのでしょう。
わざわざ包装紙で包んで、ご丁寧にリボンまでつけてくれました。
ごめんね、店員のお姉さん。
自分へのお土産だから、包装なんていらなかったのにね。

というわけでニューカレドニア、いいところでした。
また行きたい外国にリストアップです。

詳しい旅の内容は「すかんぴんドライブ」を見てください。


↓ ブログランキングに参加しています。
↓ どうか下のバナーのいずれかか、「拍手」をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : コレクション - ジャンル : 趣味・実用

イル・デ・パン

ニューカレドニアは観光地である。

といっても首都ヌメア(Noumea)の市街地には、
特にこれというものはない。
朝市(マルシェ)が一番のイベントだろうか。
南国のフルーツや、真っ黒なカニ。
春巻きや、ういろうに似た奇妙な食べ物が売っていた。

物価が高いからDFSで買い物をするのもバカバカしいので
博物館や教会など地味な施設を巡り、
ゲームセンターに入ったり、おもちゃ屋に入ったり、
ショッピングセンターで買い物をしたりと、
およそ観光客らしくないことをして楽しんだ。

そして、肝心のピンバッジ。
自分のお土産の必須アイテムなので、
これを入手しないことには帰るに帰れない。
街中で店に入っては探してみたし、
当然、土産店もいくつか回ったのだが、一向に見あたらない。
店員に聞いても「ない」と言われてしまうだけ。
もしかして、ニュカーレドニアにはピンバッジ文化がないのか?

nc-2

イル・デ・パン ILE DES PINS

って、こうしてアップしてるんだから何とか発見したわけだが、
最終日まで、本当に発見できなかったんだよ。

見つけたのはホテルにほど近い土産雑貨店。
灯台もと暗しとはこのことだ。
何度も店の前は通っていたが、絶対に置いてないだろうと
思わせる雰囲気の小さい店で、この時も一度は素通りしかけた。
しかし、万が一と入ってみたら、あったのである。
しかも、8種類も。

でも、デザイン的に変化がないので、3種類だけ購入。
前回のは「Noumea」(ヌメア)と書いてあるが、まさしく
ニューカレドニアの首都の名前である。

今回の「ILE DES PINS」(イル・デ・パン)は、
ニューカレドニア本島のさらに南東にある島で、
オーストラリアのグレート・バリア・リーフに次いで
世界で2番目の長さを持つニューカレドニア・バリア・リーフに
取り巻かれる島々のうちのひとつ。

描かれているヨットは「ピローグ」。
今でも漁に使用されている昔ながらの帆掛け舟で、
ヌメアにある博物館で展示されているものを見た。

「イル・デ・パン」を和訳すると「松の島」になるけど、
実際には松は生えてなくて、南洋杉が生い茂ってる島。
これまた、キャプテン・クックが発見した時に
海から見て、杉を松と勘違いして命名してしまったという話。
何ともはた迷惑なヤツだな、キャプテン・クック。

イル・デ・パンはニューカレドニア本島から出かけることも多い
人気のリゾートアイランドらしく、ぜひとも行ってみたかったのだが、
日帰りツアーでも4万円近くするので、予算の都合で今回はパス。
いつかは行ってみたいね~。


↓ ブログランキングに参加しています。
↓ どうか下のバナーのいずれかか、「拍手」をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ : コレクション - ジャンル : 趣味・実用

ニューカレドニアとは

というわけで旅立つことになったニューカレドニア。

フランス語では「Nouvelle Caledonie」と表記する。
「ボジョーレー・ヌーボー」(新しい酒)のヌーボーや
「アール・ヌーボー」(新しい美術)のヌーボーと同じだね。

ただ、「nouvelle」は女性単数形なので、
「ヌーベル・ヴァーグ」(新しい波)の使い方と同じか。
てことは、ニューカレドニアは女性的扱いなの?
パステルや色鉛筆で有名な「カラン・ダッシュ」もヌーベル社だったな。

「Caledonia」は「スコットランド」のラテン語名なので、
ニューカレドニアは「新スコットランド」って意味になるらしい。
イギリスの探検家ジェームズ・クック(キャプテン・クック)が
1774年にニューカレドニア本島(グランドテール)を発見した時に、
山の多いスコットランド(カレドニア)を思わせる眺めから
ニューカレドニアと名づけたんだってさ。

もともと住んでいたメラネシア系先住民のカナックたちは、
今でもニューカレドニアのことを、もともとの呼び名である
「カナキー (Kanaky) 」と呼んだりするんだって。
国際的には「Japan」でも、日本人は「日本」と言うようなものか?

nc-1

ヌメア Noumea

さて、名称についてはこれぐらいにしておいて、
飛行機に乗ること8時間半。 約7000kmの旅路である。

オーストラリアが日本のほぼ真下だから、
わりと近いんじゃないかと考えてたが
気流の関係か単純に気のせいか、随分とかかるものである。
機内で映画を3本も見てしまった。

そしてニューカレドニアに到着。
梅雨時期に入ったということで、
カラッと爽やかな暑さというわけにはいかず、
日本でも味わう、じわっとした蒸し暑さが出迎えてくれた。
到着したのは夜だったのでまだマシだったが、
昼間は情け容赦ない紫外線。
日焼け止めを塗りきれなかった隙間は、
ケガでもしたんじゃないかと思われるほど真っ黒に焼けた。

ちなみに一番焼けたのは頭皮と耳。
散髪したばかりの短い髪が災いして、頭頂部に直射日光が炸裂。
帽子を被るべきだったが、持っていってなかった。 風も強かったし。

耳は塗らなかったね~。 気にしてなかったね~。
帰ってから耳の皮がボロボロだ。 まさに「耳無し芳一」状態だ。
うーん、これは盲点だった。


↓ ブログランキングに参加しています。
↓ どうか下のバナーのいずれかか、「拍手」をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ : コレクション - ジャンル : 趣味・実用

予告

北海道編が終了に近づいて「次は九州編かな~」と考えていた頃、
わけあって、突然海外旅行に行くことになりました。

久しぶりの海外旅行。
ちょうどブログのネタにもなるなぁ~などと思っておりました。

で、どこ行くの?

え? ニューカレドニア?? 





・・・・・・・・・・・・・・どこそれ?


というわけで、簡単に調べてみました。

南国です。

オーストラリアの横です。

南半球です。

てことは、

排水口の水の渦巻きの向きが日本と逆だぞ!

確かめなきゃ!

南十字星!

オセアニア!

じゃなくてメラネシア?

なにそれ? 

ミクロネシアでもなくて??

え? フランス領なの?

へえ~、そーなんだー。

え? じゃあ、フランス語?

喋れないよ?

あ、英語も通じるの? 世界的な観光地だから。

じゃあ、通貨はフランなの?

え? パシフィック・フラン?

そんなの、どこの銀行でも扱ってないよ。

空港でしか両替できない? あそー。

え?

物価が日本より高いの!?

そんな国があんの!? へぇ~。

じゃあ、買い物には向かないね。

まぁ、ブランドものとか興味ないからいいんだけどさ。

えーと、他には~・・・・・

海!

サンゴ礁!

スキューバ!

ニッケル!

ニッケル!?

ニッケルの生産量が高いの?

あそー。

とまぁ、事前の情報ではこれぐらいでした。

旅の詳しい模様については、

「すかんぴんドライブ」

にて紹介しています。

こちらも、ごひいきによろしくお願いします。

ピンバッジについては、次回から。



↓ ブログランキングに参加しています。
↓ どうか下のバナーのいずれかか、「拍手」をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ : コレクション - ジャンル : 趣味・実用

北海道

こうして、3週間に渡って1周した北海道。
しかし、入手したピンバッジは今のところこれだけ。

実は初めて行った時は、まだピンバッジを集めておらず、
また、ピンバッジそのものが土産物として定着していなかった。

初めて行った時はRVブームの時代だったので、
車に貼るようなステッカーがよく売っていたが、
2度目に行った時は、その数も種類も減っていた。

昔は土産の定番というと、タペストリーや提灯だった。
居酒屋なんかに行くと、全国各地のタペストリーや提灯が
壁を埋め尽くしていたりしたものだが、
今ではそんな店は珍しい。
土産物として絶滅はしていないが、
今の時代には流行らないだろーなー。

他には金色のプラスチック製の模型とか。
鉛筆立てや温度計がくっついてるやつ。
アレも昔はどこに行ってももあったものだが、今は少なくなった。

今も昔も変わらずあるのは、キーホルダーと湯飲みかな。
ただ、キーホルダーも今はストラップに押されてると思うが。

北海道2

私はピンバッジを集めるようになったが、
最近の流行りとしては、「ご当地キューピー」とかだろうか。
ドラえもんやキティちゃんも、ご当地ものに紛争して
キーホルダーやストラップになってるのは、よく見かけるよね。
他には「○○レンジャー」というのも、最近多くなった。
そういうのも面白いが、どうしてもキャラクター色が強いので、
私はより強い「地元性」を求めてピンバッジを集めている。
だから、キティちゃんがデザインされたピンバッジなどは買わない。
それが最近増えてて困るんだけどねー。
キティちゃん版はあるけど、普通のがない、とかね。

この最後のピンバッジは新千歳空港で購入したもの。
表面がつるっとした、ごく一般的な七宝焼きタイプだが、
この「北海道」のロゴは、観光キャンペーン用のもの。
こうしたピンバッジがこれからも増えるといいなぁ。

そして今度北海道に行ったら、
小樽や函館のピンバッジを探さなきゃ。

これにてひとまず北海道編終了です。
おつきあいありがとうございました。



↓ ブログランキングに参加しています。
↓ どうか下のバナーのいずれかか、「拍手」をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ : コレクション - ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

白馬

Author:白馬
白馬と申します。いろんなところを旅して、お土産として集めたピンバッジを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキングに
参加しています。

励みになりますので
拍手」かバナーを
クリック願います。
↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。